ブログトップ

tohtravel.exblog.jp

ようこそ!

はじめまして。tohと申します。
旅、大好きです。
この『旅』ブログは、韓国在住の旅好きtohが綴る旅行記です。

本サイトには姉妹サイトがございます。
毎日、細々とソウルの日々を綴っております。
こちらも合わせてご愛顧下さいませ。

@SEOUL BOOKS LOVERS ONLY もっと幸せ追求ブログ

toh拝
[PR]
# by tohtravel | 2010-09-15 11:18 | プロフィール

新千歳→インチョン 機内食はこんなんです

帰りは一人、大韓航空の新千歳→インチョン便に搭乗です。

本当はお土産買いまくり!と行きたかったのですが、これまた時間がありませんで・・・。

その代わり、大好きなモスバーガーのフィッシュバーガーを食べて気分を盛り上げます。(モスバーガーは1階到着ロビーにあります。)

さて、新千歳→インチョン間は大体2時間ちょっとの飛行時間なんですが、もれなくごはんが出てきます。今回は2種類からチョイス。私はこちらを選びました。

d0127055_1317351.jpg


うなぎ だ!

今回の出張、「うなぎ」に始まり、「うなぎ」に終る結果となりましたwww
(ちなみにもう1つのメニューはチキンでした。)思えば私、大韓航空の機内食(しかもエコノミー)でうなぎ食べたの、初めてです。私、うなぎ大好きなんですね。いつも日本から韓国へ戻る時は空弁などの食事を事前に準備するんですが、たいてい「梅干のおにぎり」か「うなぎ」を選びます。そうかー。千歳線はうなぎが出るのかー。お味もなかなかでしたよ。
[PR]
# by tohtravel | 2009-09-22 13:21 | 飛行機

クロスホテル札幌 その2

9月初に宿泊した『クロスホテル札幌』さんのつづきです。


クロスホテル札幌

1706号室は木目がやさしい癒しのお部屋でした。
こちらはリビング。

d0127055_12534669.jpg


右には大きな窓があり、ここからは札幌のシンボル、テレビ塔が見えます。(時計台=アナログ。テレビ塔=デジタルです。お間違いなく!)

d0127055_12551560.jpg


ソファに座って撮った写真がこちら。

d0127055_12565099.jpg


こちらに見えるドアを開けるとすぐ、洗面台が見えます。写真ではわかりにくいですが、結構奥行きあります。ソファの隣には空気清浄機もあり、とても快適。

d0127055_12593883.jpg


テレビ下のキャビネットには冷蔵庫や金庫があります。右下にはお茶セットが。ドリップ式のコーヒーがありがたかったです。赤いのはお茶。

さて、リビングの奥にはベッドルームがあります。ソファ横にはブラインドがあり、二人で宿泊するならパートナーの眠りを妨げずにテレビを見たり、読書したりと個人の時間を満喫できるスタイルです。よーく見ると、寝具にもホテルのマークが入ってるんですが、見えますか?

d0127055_1324794.jpg


ちょうど右のベッドの横にブラインドが設置されています。
ベッドサイドにはiPod用のスピーカー兼時計?目覚まし?があります。ベッドの真向かいにはクローゼットがありますが、シンプルでありながらも落ち着いた寝室という印象を受けました。

d0127055_136015.jpg


こちらはパジャマ。よくあるネグリジェタイプの長いパジャマじゃなくて、上下に分かれたタイプです。これはありがたい。とても着やすかったです。

朝食は3階で。ビュッフェスタイルです。JRタワーホテル日航札幌に比べ、クロスホテル札幌のビュッフェの方が北海道色が出ているような気がしました。ただメニュー数は前者の方が多いかな。ずーっと食べたいと思っていた「ほっけ(魚です)」が食べられ、幸せこの上ないtohでした。

それにしても、観光で泊まりたかった(涙)
もっとホテルを満喫できたらなーと残念でなりません。
本当に、本当に時間がなくて、家族にも友達にも連絡せずに札幌入りせざるを得なかったのですが、それでも札幌の空気を味わい、ステキなホテルに泊まれただけでも出張した甲斐がありました。

今度はいつ帰れるかな・・・。
[PR]
# by tohtravel | 2009-09-22 13:13 | 出張編(札幌)

クロスホテル札幌 その1

今回の出張は、オジサマ2名との札幌出張でした。
1泊目はJRタワーホテル日航札幌に宿泊。2泊目ですが、急遽オジサマ2名は東京泊となり、私だけ札幌へ残ることに。本当は同じホテルに2泊して荷物の移動などを避けたかったのですが、空室がないということで別ホテルへ移らなくてはならなくなってしまいました。そこで見つけたのが、『クロスホテル札幌』さんです。


【楽天】クロスホテル札幌

こちらは札幌観光の人気スポット、時計台の近くにあります。札幌駅からは歩いて5分くらいかな?地下鉄駅なら東急百貨店から出るのが便利です。そこから南に向かって信号2つ渡ったらすぐです。建物自体はすこし奥にありますのでご注意を。串鳥さんの北隣です。

私が今回宿泊させて頂いたのは、17階の1706号室でした。
本当にステキなお部屋で、今HPで確認してみたところ、おそらく「コンバーチブルルーム(35㎡)」というタイプなんじゃないかな?

ドアを開けると、長い廊下の奥にバスタブが見えます。右手には洗面台が。

d0127055_12363941.jpg


上の写真ではわかりずらいので、洗面台だけクローズアップしてみました。なんとガラス張りなんですよ!これ、お掃除大変でしょうね・・・。台の下にはカゴがあり、バスタオルなどが設置されています。

d0127055_12371576.jpg


で、バスルームがすごい!
d0127055_1238297.jpg


まず、こちらのバスはユニットタイプではありません。
バス・御手洗は別になっています。バスタブの手前にはちゃんと洗い場が設置されています。バスタブの奥、30センチくらいの高さの窓があるんですね。ここから札幌の景色が見えるようになっています。もちろんブラインドがついてますので、バスルームご利用の際にはブラインドを下ろすことも可能です。

d0127055_12451030.jpg


アメニティはロクシタン!これだけで私はとてもとても豪華な気分になりました。

実はクロスホテル札幌さん、18階に大浴場があるんです。
私は早朝利用させて頂きました。札幌の景色を見ながらのお湯はとても気持ちよかったです。浴場で上のロクシタンセットを利用したのですが、なんだか非常にリッチな気分になれました。

<つづく>

http://www.crosshotel.com/sapporo/index.html
[PR]
# by tohtravel | 2009-09-22 12:49 | 出張編(札幌)

JRタワーホテル日航札幌 

札幌に到着したのが、19時頃。

チェックイン後すぐに夕食を兼ねたミーティングなどを行っていた為、外観の写真を撮り忘れてしまいました!

ということで、HPからお写真拝借。

d0127055_11352924.jpg


JRタワーホテル日航札幌は、恐らく札幌観光に一番便利なホテルだと思います。

ちょうどこのホテルが完成して営業を開始した頃ソウルに引っ越してしまったので、よくホテルの事情などをわからずにいたのですが、実際に宿泊してみて「これは便利!」とおススメしたくなりました。

札幌駅の再開発により、ショッピング街やこちらのホテルが新設された他、百貨店の大丸が札幌に進出。今までデパートと言えば、大通の三越と丸井今井でしたが、大丸さんも負けてないですね。デパ地下は長蛇の列でしたし、とても活気がありました。私は本屋とCDショップを中心に街をウロウロする傾向があるのですが、JR札幌駅辺りには、センチュリーホテルの隣に紀伊国屋さん、ステラプレイスの4Fに三省堂さんがあります。あと同じく4FにはHMVもあり、これまた便利。

さて、早速のお部屋です。私は楽天さんで『モデレートシングル【禁煙】 』で予約しました。

このプランには朝食とスパの利用券が付いてきます。平日だったからでしょうか、17,000円とずいぶんお得に宿泊できました。やっぱり観光地って週末料金、どうしても高くなってしまいますよね。

【楽天】JRタワーホテル日航札幌


お部屋は32階で、窓からは東側の景色が広がっていました。
まず、お部屋はこんな感じです。

d0127055_1154563.jpg

d0127055_11545394.jpg
d0127055_11552380.jpg
d0127055_1155517.jpg



相変わらずぼんやりな写真でスミマセン。
写真では伝わり難いのですが、新しいホテルでとてもキレイです。

ええと、お部屋はシングルなのですが広々と使えました。18.6平米ですが、それよりもっと広い印象です。窓が大きいからでしょうかね。

ドアを開けてすぐにクローゼットがあり、スーツケースも余裕で入ります。クローゼットの真向かいにバスルームがありますが、白を貴重にしており非常に清潔感があります。最大の工夫は、バスタブの水抜きでしょうか。ユニットバス型のホテルですと、排水溝がバスタブ前に露出されてます。でも、JRタワーホテルの場合、この排水溝がパネルで埋められているのでバスマットが濡れてしまう心配がありません。バスタブも足を伸ばせるゆったり型。旅の疲れを癒せます。また洗面台前も広く、全く窮屈な思いをせずにすみました。アメニティも充実してます。ソープ系はフェラガモです。

32階からはこんな夜景が望めます。

d0127055_1212510.jpg


翌朝は35階のビュッフェで朝食を頂きました。
こちらもとてもおいしかったです。久々の和食も堪能できましたし、洋食メニューも充実してました。
今回は残念ながら、とてもとても時間がなくてスパを利用できませんでした。スパを利用しないメニューですと、楽天さんならもう少し安価で宿泊できたようです。

JRタワーホテル日航さんは、JR札幌駅にも隣接しています。駅地下には札幌銘菓もたくさんありますし、すすきのまでも地下鉄南北線1本で移動できます。またステラプレイスにはスタバが、JR駅には札幌でおススメのカフェ『宮越屋珈琲』がありますので、ちょっとお茶にも軽・朝食にも便利な位置にあります。

札幌に行く際、また利用したいホテルです。

http://www.jrhotels.co.jp/tower/
[PR]
# by tohtravel | 2009-09-22 12:21 | 出張編(札幌)

久々の出張

09年9月初旬、晴天の札幌へ出張に行ってまいりました。

久々のmy 故郷!とは言え、オジサマお二人と一緒の出張です。

自由時間、皆無でした(涙)

でも、会社のお金でおいしいものをたくさん食べれたし(そうじゃなくても札幌の空気は無条件においしい!)、久々の地元言葉も聞けたしで、ちょっと満足。

今回は行きは羽田経由で札幌入りし、帰りは新千歳から直接インチョンへ戻りました。

金浦→羽田は大韓航空便。写真を撮ろうと思ったのですが、3人がけの真ん中だった上に、両隣の知らないオジサマ(一緒に出張に出たオジサマは別席でした)の視線を感じ、写真は遠慮することに・・・。実はこの路線の機内食、今までで一番・・・なお味でした。どうしたんでしょう、KALさん。うーん、やっぱり写真撮ればよかった!

別席にいたオジサマ陣も「ダメだ、口直しに羽田でメシとしよう」とやっぱり機内食に閉口した模様ですwww

こちらは確か第一ターミナル(JALさんあるターミナルだったはず)で頂いたうなぎです。

d0127055_11171319.jpg


今回の出張はスタミナ!ということで、うなぎでスタートです。
それではみなさま、しばしお付き合い下さいませ!
[PR]
# by tohtravel | 2009-09-22 11:24

ホテルメトロポリタン丸の内

7月初旬、東京出張がありました。1泊でお世話になったのはこちらです。



東京駅から直通。ホテルメトロポリタン丸の内です。
丸の内エリアを選んだのは、単にオアゾにある丸善に行きたかったから。こんな理由で出張の宿泊先を決めてもよいものなのでしょうか・・・。

ともあれ、女の勘はばかにできません!
とてもキレイで清潔感のある上に、駅直通で非常に便利なホテルでした。

d0127055_1602771.jpg
d0127055_1604972.jpg
d0127055_1611490.jpg
d0127055_1612742.jpg


これ、シングルルームですが、とても広々と使うことができました。今回はパソコン持参しませんでしたが、こちらのホテルはデスクワークが楽に出来ます。テーブル周りも広く、邪魔なものが一切ありません。テレビはベッド正面の壁に収納されており、CNN、BBCなどの海外放送も充実しています。小さくて見え難いんですが、ガラス張りのデスクと収納が段違いに重なっているところに赤い電車の模型があります。これがカワイイ!

d0127055_1661450.jpg
d0127055_1663283.jpg


上はバスルームとアメニティです。
やはりバスルームは清潔感が一番ですよね。お風呂も広々、足もしっかり伸ばせました。排水が埋め込み式になっているせいか、換気もしっかりしているように感じました。この排水システムはすごく良いですね。バスマットが排水溝で濡れることもなく、至極快適に過ごせます。

私のお部屋は27階でしたが、見えた夜景はこんな感じ。

d0127055_16104325.jpg


なかなかロマンチックでしたよw

今回は食事のないプランを選びましたが、次回は朝食付きで利用してみたいと思います。丸善も近いし、乗り継ぎ便利だし、おススメです。
[PR]
# by tohtravel | 2009-07-31 16:12 | 出張編(東京)

高菜、欲張ってはいけません

ボディー&かばんチェックの時、私の荷物の一つがひっかかりました。
それは、

辛子高菜250g

どうやら高菜系には機内持ち込みに制限グラム数があるらしく、100g以上は預けなくちゃいけないんだそうです。みなさんもどうぞお気をつけ下さいね。職員の方のアドバイスで、もう一度高菜を持って航空会社のカウンターに行き、「これ、追加で乗せてください」とお願いして無事解決しました。

帰りの便がゲートに入ってきました。

d0127055_15323039.jpg


福岡を離陸する時は雨で外が見えませんでしたが、空に出ちゃえばお天気です。
でも、雨雲いっぱいだわー。

d0127055_15341779.jpg


帰りの便のご飯はこんな感じ。

d0127055_1535777.jpg


日本のお米って冷えてもおいしいですね。
これが最後の日本食。暫くお別れかと思うと、お弁当がとても貴重なものに見えました。

今回の由布院+福岡旅行。久々の日本だったせいか小さなことにもイチイチ感動しまくってました。食事もおいしいし、人も優しいし、楽しいところがいっぱいあるしで、年に1度は通いたい街です。

お弁当を食べてゆっくりしていたら、もうソウルだよ・・・。

d0127055_153842.jpg


次の旅行はいつになることでしょう・・・。
そろそろ海外も行きたいところですw
[PR]
# by tohtravel | 2009-07-31 15:40 | ・由布院+福岡(2009年5月)

福岡空港で最後の仕上げ

由布院+福岡の旅もついに帰国の時が来てしまいました。
あれこれおいしいものを堪能しましたが、とんこつラーメンを食べ忘れてたよ!時間に余裕があったので、空港でさっそくラーメンを頂きました。

d0127055_15175471.jpg


ああ、今思い出してもよだれが・・・。
きっと福岡のとんこつラーメンは、どこのお店に行ってもレベルの高いものが出されるんでしょうね。この後、空港内のショップでラーメンを購入したことは言うまでもありません。

帰りも国内線の建物から国際線の建物までバスで移動。
インフルエンザの影響で、マスクの人がいっぱい。ものものしい雰囲気です。

d0127055_15202357.jpg


では、ゲートへ入るとしましょう。

d0127055_15215785.jpg

[PR]
# by tohtravel | 2009-07-31 15:25 | ・由布院+福岡(2009年5月)

福岡たのしい!

久々の帰国で、ほしい物や食べたい物が盛りだくさん。

d0127055_16383240.jpg


マリノアでは「銀だこ」で待望のたこ焼きを食べ、服を買いました。あとは天神にある三越、大丸、ソラリアあたりでショッピング。新しくできたというTSUTAYA天神店にも行きました。本当はジュンク堂にも行きたかったのですが、今回は断念しました。

帰りの日、チェックアウト後にキャナルシティ博多をぶらぶら。

d0127055_16421122.jpg


出発した頃は小雨でしたが、そのうち本降りになってきました。
ところで、韓国では禁煙や分煙がそれほど守られていないのが現状です。「禁煙」のマークの前でタバコを吸う人もたくさんいます。また、喫煙率が日本よりも高い気も。ですので、この喫煙ブースには驚きました。

d0127055_16434037.jpg


みなさんきれいに使ってるし、見た感じもヤニっぽい印象(?)もありません。近くに行っても煙のニオイもしませんでした。福岡、すごいなー。そういえば街もとてもきれいでした。
[PR]
# by tohtravel | 2009-06-03 16:46 | ・由布院+福岡(2009年5月)

リッチモンドホテル福岡天神

「ゆふいんの森」号で博多へ移動中はこんな景色が見られました。

d0127055_16122596.jpg


途中滝が見えたり、川が見えたりと大自然の中を走りますが、久留米あたりから都会めいてきます。

今回3泊4日中、残りの2泊は福岡市内の『リッチモンドホテル福岡天神』さんにお世話になりました。
GW中ということで、ほとんどのホテルに空きがなく、リッチモンドさんに予約できただけでもラッキーだと思っています。


   画像クリックすると楽天に飛びます。
   お隣がLOFT。
   三越さんも目の前です。



リッチモンドホテルさんのチェックイン方式は、フロントで予約内容を伝えるとお部屋カードを発行してくれます。このカードを専用の機械に通して、前払いで宿泊料を支払うシステムです。
お部屋はこんな感じ。

d0127055_16215945.jpg


ああ。ベッドの上にはmyバッグが。デスクの上にはホテル着で手配した荷物たちが・・・。本当はキレイなお部屋です。ちょうど「はかたどんたく祭」の日程で福岡入りしまして、窓からお祭りの様子が見渡せました。これまたラッキー。

d0127055_16233615.jpg


アメニティも各種ありました。女性に宿泊者には、フロントでお泊りセットがもらえます。

日頃「うさぎ小屋」どころか「ハムスター小屋」みたいな家で暮らしてますんで、モデレートルームでも充分でした。ベッドも2人で広々でしたし、小ぢんまりしていて返って良かったです。

ただ難点を云えば、博多駅から地下鉄空港線に乗り天神駅で下車。それから人で混雑した地下街をスーツケースを転がしながら徒歩15分。ちょっと遠いかなーと思います。でも福岡を満喫するには天神エリアが最適でしょう。歩くのが平気な方なら、リッチモンドホテル福岡天神はおススメですよ。私もまた泊まりたいです。
[PR]
# by tohtravel | 2009-06-03 16:31 | ・由布院+福岡(2009年5月)

2日目 由布院→福岡市内

『ほたるの宿 仙洞』さんでは、家族風呂のサービスがあります。
1泊目の夜は、夕食後に家族風呂で汗を流し、お部屋でビールを頂いてから爆睡。とても静かな街で、いつも12時過ぎて寝る私たちも10時には眠くなりました。

翌朝は大浴場で身だしなみを整えて(ここには無料のビールサーバーがありました!)、朝食会場へと向かいます。

d0127055_15302718.jpg


朝はやっぱりご飯ですよね!
写真に撮り忘れてしまいましたが、奥に小さくガスコンロがあるのが見えますか?上には小さな厚めのフライパンが乗っています。
「バターが溶けたら、ベーコンと卵を炒めてください。」
これ、とても粋なサービスだと思いました。新鮮な卵が焼けていく過程も楽しかったですし、何よりベーコンの香りやジュージュー焼ける音が食欲を誘いました。お味噌汁もおいしかったです。

もう1泊したいところでしたが、この日は福岡市内へ移動です。
toh的評価 --- ほたるの宿 仙洞さん ☆☆☆☆(星4つ)
(大浴場がジャングル過ぎました。冬、きっと寒いと思うんですよね。これ以外は最高です。)

博多→由布院間は「DXゆふ号」でしたが、帰りは待望の「ゆふいんの森号」へ乗車です。

d0127055_15364639.jpg


なんと私たち、1番前の席でした!
きっと前の日に発券してもらったからでしょうね。後をみると、指定席にはちらほら空きが。

さて、由布院駅、改札を抜けると「足湯」ができるようですよ。

d0127055_15383527.jpg


1番前って、スゴいです。
ガラス張りなので、車掌さんの運転する姿や前方の風景が丸見え。
外の風景はこんなですが、

d0127055_1541585.jpg


車内から見ると、こんな感じ。

d0127055_1654545.jpg


ずいぶん違うでしょう!?

ちなみに、「ゆふいんの森」号では、車内販売で由布院銘菓が購入できるそうです。

d0127055_166496.jpg


先頭に座っていた私たちのところに車内販売が来た頃には、ほとんど完売でございました(涙)
[PR]
# by tohtravel | 2009-06-03 16:10 | ・由布院+福岡(2009年5月)

お夜食

1泊目の『ほたるの宿 仙洞』さん。
おいしい夕食の後、部屋に戻ろうとしたら「こちらをどうぞ」とのこと。

d0127055_15244899.jpg


竹製の籠です。
「ありがとうございます」とお礼を言って、お部屋にあがりました。

なんだろう。
開けてみると、

d0127055_1526238.jpg


お夜食のおにぎりでした。
大好きなゆかりでしたが、夕食だけでおなか一杯!

至れり尽くせりのサービスに感動。
[PR]
# by tohtravel | 2009-06-03 15:28 | ・由布院+福岡(2009年5月)

ほたるの宿 仙洞さんの夕食

私たちが泊まった『ほたるの宿 仙洞』さんは、金鱗湖の直ぐ近く。

d0127055_14504375.jpg


金鱗湖のほとりといえば、亀の井別荘おカフェ『天井桟敷』が有名ですね。
私たちも散歩帰りに立ち寄ったのですが、あいにく満席でした。残念。

金鱗湖には韓国から観光客がたくさん。
せっかく韓国から逃れて来たのに・・・と思いましたが、近寄ってみると
ガイドさんが金鱗湖の説明をしていました。
これはラッキー♪と団体に混ざってちゃっかりお話聞いちゃいました。

ところで由布院の街、ほとんどのお店が夕方には閉店してしまいます。
せっかくの温泉ですから、夕食前に一風呂浴びようかと思いましたが
次の日の予定を決めたり、フロントで頂いたチョコ豆腐のデザートに
舌鼓を打っているうちにディナーです。

この日のご献立は・・・

d0127055_14535250.jpg


久々の日本、久々の温泉、久々の日本食!期待が高まります!

d0127055_14545746.jpg


私たちは佐賀牛コースを頂きました。韓国のお肉は食感のあるものを「おいしい」と云います。私は好んでお肉料理は食べないんですが、このまさに「とろける」ような佐賀牛は絶品でした。画像upしたいところなのですが、前菜のみご紹介します。

d0127055_1458151.jpg


こちらはデザート。
アイスのような、ジェラードのような、シャーベットのような、不思議な食感。美味です。

仙洞さんの夕食、大満足でした。
久々の和食だったこともありますが、まずお米の美味しさに驚きました。ぴかぴかのお米。甘くておいしかったです。そして全てのお料理が和アートの延長線にあるような盛り付けでした。これも素晴らしかった。
「いただきます」から「ごちそうさま」まで、幸せな時間を過ごせました。
[PR]
# by tohtravel | 2009-06-03 15:22 | ・由布院+福岡(2009年5月)

由布院 ほたるの宿仙堂さん

1泊目、お世話になったのは『ほたるの宿仙堂』さん。

d0127055_14125638.jpg


今回は楽天で予約です。上の写真は夜にフロント入り口を取った写真です。食堂、フロント、お風呂、客室はそれぞれ別の建物になっていて、真ん中にはキレイなお庭がありました。

私たちが宿泊したお部屋は「洋室」。客室棟の2階です。
とてもさっぱりしたお部屋で、心地よく滞在できました。

d0127055_14163525.jpg

廊下のドアを開け、お部屋へ繋がるドアを開けると2台のベットが。

d0127055_14171787.jpg

部屋の奥からドアを側を撮りました。左の冷蔵庫、ビールやジュースなどが入ってます。

d0127055_1420213.jpg

テレビの左側には、御手洗と洗面所があります。シャワー室はありません。

d0127055_14412881.jpg

アメニティ類は、作務衣の上の袋に入っています。男性用はモスグリーン、女性用はスモーキーピンクです。

私たちは由布院駅からタクシーでほたるの宿さんへ向かいました。由布院の町は初めての人にはちょっと複雑。私たちもタクシーを利用しなかったら、いつまでも辿り着けなかったかもしれません。帰りは駅まで歩きましたが、徒歩30分程度の距離でした。



★楽天 ほたるの宿仙洞さんのページ★ 

[PR]
# by tohtravel | 2009-06-03 14:44 | ・由布院+福岡(2009年5月)

JRで由布院へ

GWだったこともあり、今回はJR九州の予約サイトから往復のチケットを予約しました。

HP JR九州

ところで、海外在住者はJRのRAIL PASSというサービスを利用することができます。これがかな~り使えない!!!
世界各国でもRAIL PASSが導入されておりますが、我が日本の場合、本当に融通が利かないんです。まず、RAIL PASSを入手するには、日本国外の発売代理店から「購入予約券」を購入します。なぜ予約券なのかというと、海外で発行されたものは、まだRAIL PASSとしての効力がないからです。では、どのように効力のあるRAIL PASSを入手するかというと、「購入予約券」を持って最寄のJRみどりの窓口で本チケットに交換する必要があります。その後は指定地域の電車を乗り放題!となるわけですが、中には対象外の新幹線などもありますので注意が必要です。

何が面倒って、JRのRAIL PASSは事前予約ができないこと。今回の私の旅は、たまたま日本のGWとぶつかっていました。当然混雑が予想されます。RAIL PASSでは予約が出来ないので、最悪空きがなければ乗れない可能性も出てきます。短期旅行者にとって、スケジュールが狂うことほど面倒なものはありません。というわけで、今回はふつーのチケットを購入したのでした。外国の方に日本の美しさを楽しんでいただくためにも、JRさん、システム改善してください。せめてヨーロッパ並みにお願いします。

さて、博多→由布院間は「ゆふDX号」に。「ゆふいんの森号」に乗りたかったのですが、残念ながら時間が会いませんでした。無事に到着したゆふいん駅。レトロでステキ。思ったよりも小ぢんまりした街でした。

d0127055_1158632.jpg

[PR]
# by tohtravel | 2009-05-11 12:01 | ・由布院+福岡(2009年5月)

その1 今回はアシアナで

今回はできるだけ長い時間日本に滞在できるスケジュールを!ということで、こちらの飛行機で日本入りです。

d0127055_23101258.jpg


おおっ、小さい!!
一応国際線とはいいえ、飛行時間50分ですから、こんなもんでしょうか。
シートは2×3×2でした。

9時30分、仁川国際空港を出発です。
短距離なのに、ご飯でましたよ。

d0127055_23134042.jpg


食べ終わる頃には着陸態勢です。
本当にあっという間のフライトでございました。

ところで、私が福岡入りした日から、豚インフルエンザ警戒態勢に入ったようで、福岡空港は物々しい雰囲気に包まれておりました。入国審査前に体温チェックの機械があり、そこでアンケートを受け取り記入します。内容は「具合悪くない?」「熱ない?」「メキシコとかアメリカ、行ってきた?」と言うものですが、あれは外国人に優しくないかも・・・。アンケートは日本語のみで書かれており、あれじゃあ外国人には記入できません。その証拠に入国審査前の書類記入場所はスゴいことになってました。せめて英・中・韓・スペイン語版を作って欲しいなーと思いました。
[PR]
# by tohtravel | 2009-05-06 23:18 | ・由布院+福岡(2009年5月)

久々の旅です

思えば去年の慶州以来の旅行です!
なんと、1年も旅に出ていなかったんですねぇ・・・。

5月の連休を利用し、3泊4日で九州旅行に行ってきました。
由布院1泊+福岡2泊です。
やっぱり日本はいいですねぇ~

ということで、3泊4日の旅をご紹介したいと思います。
[PR]
# by tohtravel | 2009-05-06 23:05 | ・由布院+福岡(2009年5月)

JIN AIRの運行がスタート

大韓航空のLCC(格安航空社)ジン・エアーの運行が始まりました。

現在はソウルの金浦空港とチェジュの1ラインのみですが、これからどんどんと拡大の予定だそうです。明るく爽やかなイメージの機体に、ポロシャツにジーンズにキャップというCAさん。

d0127055_198472.jpgd0127055_199163.jpg








思えば、このCAさんの姿、ソウルではよく見かける定番スタイルです。
カフェやファーストフードでは、キャップにポロを採用しているところが沢山あります。

燃料費の高騰で、こういったLCCはとても魅力的です。
ソウル~チェジュ間を往復8千円程度で旅できます。
これから日本線にも力を入れてくれたらなぁ・・・。

http://www.jinair.com/
[PR]
# by tohtravel | 2008-07-18 19:14 | 飛行機

慶州 現代ホテル 湖水側ダブルルーム

私たちが泊まったのは湖水側のダブルルーム。

       IMG_1997


カーテン開けるの忘れてました^^; 暗くてスミマセン!
お部屋、とっても広かったです。リゾートな感じ!

       IMG_1998


パソコンデスク。もちろんネット環境も充実です。
そして、窓の外にはバルコニー。

       IMG_1999


湖の中に、なぜか噴水が。

       IMG_2004


そういえば、これってハンガン(漢江)にもありましたよね?

室内はとてもきれいで快適ですが、浴室にその老朽化を感じました。

     IMG_2001


キレイにお掃除されてはいるのですが、うーん。
やっぱり老朽化ってことですね。写真左側にバスタブがあります。
でも日本のホテルのユニットバスとは違い、とても広かったです。

写真を撮り忘れてしまったのですが、夜はラウンジのビュッフェで軽く食事を取りました。
日本人が多いのでしょうか。お好み焼きなんかもありましたよ。
ケーキもおいしくて、大満足!
[PR]
# by tohtravel | 2008-05-19 14:33 | ・韓国国内旅行

慶州 現代ホテル 현대호텔 경주

今回の宿は、湖のほとりにある現代ホテル(ヒョンデホテル)。

HQZP002-4


このエリアには、他にもヒルトン、コモド、コンコルドなどの大型ホテルが隣接しています。
いろいろなサイトでも書かれておりますが、この普門湖周辺のホテルは築年数が20年以上のものが多い。よって、どうしても老朽化が目立ちます。

私たちがヒョンデホテルを選んだ理由は、韓国サイトでの口コミです。
決め手となったポイントは、
①レストラン施設が充実している
②部屋が広い
③静か

キョンジュは修学旅行のメッカです。できる限りわいわいした雰囲気を避けたかったのと、おいしい食事を取りたかったという点でヒョンデを選びました。

IMG_2005


左奥に見えるのが、ヒルトンとコモドとコンコルド。
ともに隣接しています。ちょっとにぎやかな感じ。

IMG_2006


広く心地のよいロビーでチェックインです。
[PR]
# by tohtravel | 2008-05-19 14:25 | ・韓国国内旅行

石窟庵 석굴암

仏国寺から遊歩道で約3キロ山頂、車で20分の距離に石窟庵があります。

石窟庵、『見仏記 海外編』でもその仏像の美しさが語られておりました。
ああ!早く見てみたい!一番楽しみにしていた仏像です。

入り口からまた山へ入ること約5分。
やっと出会えた本尊仏はそれはそれは美しい仏像でした。

4KORDGUC0007


撮影禁止でしたので、こちらは拝借してきたお写真^^;

湿度調整のため、ガラス越しのご対面です。
大きさは高さ3.4m。やわらかな乳白色のせいでしょうか。
それほど大きさは感じませんでした。

韓国の木造仏教建築は、お色直しされている場合が殆どです。
作成当時の状態を維持しようとする日本の仏教スタイルになれた目には、韓国の派手さが時にチープに写ります。しかし石窟庵の本尊仏は、美そのものでした。

いつまでもいつまでも見ていたい美しい本尊仏。

私たちが訪れたのは午後遅くでしたが、石窟庵の美しさは早朝、しかも日の出時です。
本尊仏の額には宝石が埋められています。そこに東から昇って来る太陽の光が反射し、後の後光と額の宝石が美しく輝くそうです。ただ、いつも靄につつまれた石窟庵。日の出が見えるのは非常に少ないそうです。

街の下では快晴でしたが、石窟庵から市内を見下ろすとやっぱり霞の中でした。

IMG_1994


ああ。本尊仏の前で日の出を拝みたい!
この話ですっかりキョンジュに魅了されたtohでした。
[PR]
# by tohtravel | 2008-05-19 14:06 | ・韓国国内旅行

仏国寺の金ブタちゃん

韓国では、「ブタ」はお金を表すアイコンです。
ブタの夢はお金を表す夢で、「夢にブタが現れたら、必ず捕まえるように!大金が手に入る夢だよ!」と教えてもらいました。逆に家で飼っているブタちゃんが外に逃げるような夢は支出の夢っていうことになるのでしょうか?ちなみに。動物シリーズでいきますと、犬の夢は悪い夢なんだそうです。

さて、仏国寺には金ブタちゃんがおります。

極楽寺の正面上、文字版の後にブタちゃんは隠れています。

そのブタちゃんをもっと見やすく作り直したのが、こちら。

       IMG_1988


輝く金のブタちゃんでございます!

韓国語でブタは돼지。でもブタと言っても、「いのしし」を指すケースの方が多いようです。
いのしし年も、こちらではブタ年になります。

この金のブタちゃんは触るとご利益があるそうです。
私も軽くおさわりしてきましたw
[PR]
# by tohtravel | 2008-05-19 13:45 | ・韓国国内旅行

慶州見仏記 仏国寺 불국사(ブルグクサ)

次に訪れたのが仏国寺。
韓国では修学旅行の定番のお寺さんです。

       IMG_1981



ここキョンジュは新羅の都でした。
新羅は始めて朝鮮半島を統一した精力で、それは李氏朝鮮時代まで続きます。

さて、この仏国寺ですが、残念ながら今のお姿は当時のものではありません。
というのも、抑仏政策という仏教弾圧や、秀吉の朝鮮出兵により多くが失われたからです。1970年代に大幅な改装工事が行われ、一部当時の姿をよみがえらせました。

『見仏記 海外編』にもありますが、まず驚くのが入り口の「四天王像」。
いとうさん&みうらさんは「ねぶたみたい!」と表現しておられますが、まったくその通り!
韓国の歴史的建造物は、数年に一度、お色直しをしています。
その色合いが日本の「さびさび」とは違うプリティさを演出しています。

キョンジュ市は屋根は瓦!という指定があるようです。
仏国寺の瓦を見ていると、日本のお寺を思い出します。

       IMG_1984


天気のよい土曜日。緑もきれいです。


       IMG_1987

[PR]
# by tohtravel | 2008-05-19 13:28 | ・韓国国内旅行

慶州 皇南パン 경주 황남빵(ファンナムパン)

まず最初に向かったのは、キョンジュ名物『ファンナムパン』さん。

       IMG_1979


キョンジュについて調べていると、殆どのHPに「キョンジュパン」が紹介されていました。
中でもこちら「ファンナムパン」は、老舗中の老舗。
韓国産の材料で、一つ一つ手作りで作っておられます。
そして何がスゴいかと申しますと、沢山の職人さんがお店にいらっしゃるのですが、作っているのはたった一つのパンのみ。それが次から次へとぽんぽんと売れていくのです。

       IMG_1980


写真を撮ってから、「店内撮影禁止」の注意書きが目に入りました。
お店のみなさん、ごめんなさい!!!

このパンが有名な理由は、「キョンジュパン」がわりとどこでも手軽に購入できるのに対し、「ファンナムパン」はキョンジュ市内でしか購入できない事にあると思います。近くのテグやプサンでも手に入りません。

そのファンナムパンとは、一体どんなパンなのでしょうか。

       IMG_2027


シンプル!素朴! 

もうこのコメントしかありません^^;

ファンナムパンは1個500ウォン。まずは10個購入した私たち。
紙袋に入れられたファンナムパン、出来立てでした!ホカホカです。

一口頬張ると、

おおおおお! 

おいしすぎます!

写真からは想像しにくいと思いますのでご説明を。
まず簡単に説明すると「あんぱん」なのですが、
①うす皮は、ぱりぱり&サクサクで香ばしい
②甘すぎず上品なお味のこしあん
③出来立ても超ウマですが、冷めても激ウマ

あんぱんがぱりぱり&さくさく?と私も最初はわけがわかりませんでした。
皮がパンのように柔らかいものではありません。しっかり食感として感じられるほどの
硬さがあります。超薄焼きビスケットに包まれているという感じと言えばわかるでしょうか。
これ、お茶菓子としてもピッタリだと思いますよ。

そしてあんこが本当においしいんですよー。

       IMG_2029


あまりのおいしさに、できたて10個を即効食べつくした私たち。
帰りの日、また本店へよりBOXで購入しました。

       IMG_2015


ファンナムパン、間違いなく韓国スイーツの王様です!


http://www.hwangnam.co.kr/
[PR]
# by tohtravel | 2008-05-19 13:08 | ・韓国国内旅行

慶州(경주 キョンジュ)旅行

日本の修学旅行のメッカと言えば、奈良・京都。
こちら韓国では慶州(경주 キョンジュ)がそれに当たります。
今回は1泊2日でキョンジュを旅して参りました。

ソウルからキョンジュへはいくつかの移動方法があります。
乗り換えの少ない順からご紹介しますと、

①ソウルから高速バスでキョンジュまで行く(乗り換え0回)

②KTXでソウル→東テグ(동대구)へ。東テグでキョンジュ線に乗り換え。
 (乗り換え1回)

便利なのは乗り換えのない高速バスですが、渋滞時に重なると大変な事になります。
ですので、おススメなのはやっぱりKTX。

今回私は、ソウル駅からKTXに乗って東テグへ。そこからレンタカーでキョンジュまで移動しました。テグ市は韓国3番目の大都市で、四方を山に囲まれた盆地内に位置しています。ソウルに比べ、緑の多い街です。

東テグICから高速道路利用で約一時間(利用料金3400ウォン)。
キョンジュ駅のICに到着すると、そこはもう古都の香りが。

1


今回のキョンジュ旅行、実は「見仏」がテーマです。
いとう せいこうさん&みうら じゅんさんコンビの『見仏記』は私の愛読書の一つです。
今回はその『見仏記 海外編』から2つの寺院を旅してきました。

※見仏記についてはこちらをどうぞ→幸せ追求ブログ

今まで韓国内旅行に魅力を感じていなかったのですが、今回のキョンジュで魅力に目覚めてしまいました!
[PR]
# by tohtravel | 2008-05-19 12:44 | ・韓国国内旅行

日本 松山

頂いたお土産を紹介するページです。
感謝と共に、おすそわけ。

       IMG_1971


松山では、ロールケーキを『タルト』というんですね!?
写真左がタルトのミニ版でございます。
クリームではなく甘み控えめの餡が巻かれておりました。

残りの3つはお餅系の和菓子です。
やっぱり四国!柑橘類がお餅にも登場です。
さっぱり感が引き立ちます。

おいしく頂きました!
ごちそうさまでした^^
[PR]
# by tohtravel | 2008-05-13 12:11 | お土産、thanks!

京都 伊藤久右衛門 ほうじ茶 『宝かおり』

ほっとするお茶、ほうじ茶。
大好きなお茶です。

今や抹茶スイーツで有名な伊藤久右衛門さんのほうじ茶、『宝かおり』を飲みました。

       IMG_1965


とても飲み易く、柔らかい味のお茶でした。

最近ずっと同じく京都は柳桜園さんの「金」というほうじ茶を飲んでおりました。
ちょうど飲みきったところで、「宝かおり」にチェンジです。

「金」は格を感じるほうじ茶です。
このほうじ茶にまさるお茶にまだ出会っておりません。
(次点は一保堂さんのほうじ茶)

「宝かおり」もどうしても柳桜園さんのお茶と比べてしまったのですが、
やっぱり私は柳桜園さんに1票!ですね。

ただ、やっぱりこちらも「格」のあるお茶だと思います。
やわらかさや、後味のサワヤカさ、香ばしさは癒しをもたらしてくれます。

ほうじ茶飲み比べについては、こちらのサイトがスゴいです。

target="_blank">DRINKIN' CHA +


[PR]
# by tohtravel | 2008-05-03 10:26 | お取り寄せ

富山 リブラン 富也萬

今日も富山銘菓。
その名も、「富也萬」とやまんです。

        IMG_1840


北海道産の小豆で作った餡が美味。
しっとりしたパイ生地に餡がサンドされています。

        IMG_1847


札幌の千秋庵「ノースマン」が大好きな私としては、もう少しパイ生地がしっかりしていてもよかったかな?と思います。あと餡がもうすこし滑らなほうがおいしいかも。

でも、食感はしっかりしています。
小腹がすいた時にぴったりのお菓子です。

ごちそうさまでした^^
[PR]
# by tohtravel | 2008-04-08 14:45 | お土産 (北陸)

富山 リブラン 甘金丹

富山はリブランさんのお菓子、甘金丹。
「かんこんたん」と読むそうです。

          IMG_1822


         IMG_1852


まっしろで、ふわふわです。

中はこんな感じ。

        IMG_1856


甘さ控えめのカスタードクリームが入っています。
う~ん、おいしい!

でもこれ、これどこかで見た事が・・・。
私が知る限り、



でしょ、



でしょ、



などなど、兄弟姉妹がたくさんあります(笑)
きっとおいしいから、いろんなお店が出しているんですよね。
私もこのふわふわの食感ととろりとしたカスタードが大好きです。

一気に3個くらい食べちゃいました^^
[PR]
# by tohtravel | 2008-04-07 14:15 | お土産 (北陸)